NMPのキャッシュバック金額は店舗に行かないと分からない理由

一番気になるキャッシュバックの金額ですが、もちろん各店舗で変わってきます。

ですがその販売店のホームページなどを見てもキャッシュバック金額は掲載されていないんですよね。

どうして大々的に広告しないのかという事を色々な店員さんに聞いたのです。休日前の新聞広告に出ていてもいいと思うんですけどね。



答えは簡単、同業他社の調査が激しいためキャッシュバック金額を公に公開すればそれを上回る金額をスグに提示されてしまうとの事。

なので店頭に行き、直接店内のキャッシュバック表示金額を見て確認するか、店員さんに聞くかしないと分からないようになっています。

たまにツイッターなどでは本体0円+キャッシュバックの情報が期間限定でつぶやかれてたりしますよね。都市部の方は要チェックですね。

ヤマダ電機の携帯販売ブースでソフトバンクiPhone5のキャッシュバック金額とAUのiPhone5のキャッシュバック金額が5000円違う事を指摘したら次の日には同額になっていました。

キャッシュバックの金額は今現在スマホ販売業者さんにとってはおおきな販売促進のカンフル剤なのでものすごく気を使って表示しているんですね。

ちなみに『電話問い合わせには答えるのか?』と聞くと電話でもキャッシュバック金額は言わないそうです。店舗に来てくれと促すとの事。

沢山の店舗を歩いて回らないと高額キャッシュバックが見つけれないという事ですね。

休日1日かけて10件回って1万円多いキャッシュバックを手にすることが得かどうかは個人の感覚次第だと思いますが、僕は携帯電話屋さんを回るだけで得するなら全く問題なし。何件でも行きますよー!

次の記事は新しいiPhoneを手に入れたら旧機種はスグにオークションで売って利益確保!


 

コメントを残す