中古のiPhoneをヤフオクに出品する際の注意点【ネットワーク利用制限】

MNPで乗り換えて必要なくなった、iPhoneはヤフオクで販売する事が出来ます。

中古でも、iPhoneは人気が高いので、予想以上の高額な金額で落札される場合があります。

もし手元に使わなくなったiPhoneがあればヤフオクで販売すれば、思いがけない、おこずかいがゲット出来るかも知れませんよ。

でも、iPhoneをヤフオクに出品する場合は、何点か注意点があります。



まず、IMEIという製造番号を確認する必要があります。

携帯電話が犯罪などに使われて、その電話が携帯電話会社から通信制限がかけられており、実際に電話として使えない状態になっている場合があります。

ネットワーク利用制限を確認する事

この場合に、IMEIという製造番号を調べれば、携帯電話がきちんと使えるかどうかを調べる事が出来ます。

ドコモ:ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト

au:ネットワーク利用制限携帯電話機照会

ソフトバンク:中古携帯電話を利用する際に注意事項を確認する/ネットワーク利用制限

上記のサイトで簡単に調べられます。

一番多いのは、24回分割でスマホを購入したのに、途中でお金が払えなくなり、そのまま携帯電話が止まってしまっているスマホが世の中には多く存在します。

自分のiPhoneをヤフオクで出品しようとする場合には、きちんとIMEIという製造番号を伝える事が必要です。

IMEI(製造番号)を入力すると、「○」「△」「×」の三種類のマークが表示されます。

「○」は、何も問題がなくきちんと利用出来る携帯電話です。

「△」は、様々な理由があります、例えば、スマホ代金の残債がありますが、1ヶ月後には残債が無くなるスマホや、携帯保証サービスを利用して一度新品に変わっている場合にも表示されるようです。

基本的には「△」の場合も問題なく利用出来るケースが多いです。出来れば、なぜ「△」になっているのかを説明に明記しておけば、落札する方も安心だと思います。

「×」は、何らかの理由で携帯電話が使えない状態になっています。もし自分のスマホが「×」担っている場合は、絶対にヤフオクに出品しないようにして下さい。

どうしても「×」の携帯電話を出品する場合は、きちんと「×」である事を明記するようにして下さい。

「×」表示のスマホでも欲しい方は世の中にたくさんおられます、一番大切な事は、自分が出品するスマホのIMEIが現在どのような状態になっているかをきとんと明記してヤフオクに出品する事が大切です。

中古のiPhoneをヤフオクに出品する際の注意点【SIMカードの取り扱い】


 

1件のコメント

  • mh

    乗り換え考慮してますので、とても役にたちました

コメントを残す