本体代金0円のスマホには保証パックは必要ありません!

MNPで携帯乞食を行う場合に注意しないといけないのは、本体代金一括0円のスマホを手に入れる事です。

本体代金0円のスマホの保障パック

本体代金一括0円のスマホを利用していれば、解約する際に解約料金だけを支払う必要があり、当然ですが本体代金を支払う必要はありません。

ここで考えるのが、毎月500円(ソフトバンクの場合)の保証パックに加入する方が良いのか、それとも加入する必要がないのかと言う事です。




通信ソムリエの結論としては、本体代金が0円のスマホをお持ちであれば、保証パックに加入する必要は無いと思います。

トイレに落としたり、何かの衝撃でスマホが壊れた場合に保証パックに加入しているとドコモ、au、ソフトバンクの各社で違いはありますが、格安で修理をしてもらえます。

しかし本体が0円のスマホなら極論を言えば、壊れたら買い替えればお金は必要ありません。

毎月500円となると年間6000円もの出費になります。

スマホは電子機器なので、故障しないとは言い切れませんが、そんなに頻繁に故障すする事もありません。

よく考えてみたら、無料でもらった商品に保証をつけるっておかしいと思いませんか。

せっかく本体代金一括0円で購入したのに保証パックで毎月無駄な出費をしてしまうのはもったいないと思います。

有料で購入するスマホなら保証パックを検討した方が良いと思いますが、0円で購入したスマホなら保証パックは必要ないと思います。


 

コメントを残す