他社乗り換えMNPする前に通話明細書をしっかりと確認しておこう

携帯スマホの他社乗り換えMNPを検討されている方、今現在のご自分の毎月の通話・データ通信料金は把握されているでしょうか。

だいたい8000円くらいかなとかおぼろげに記憶しているだけの人がほとんどではないでしょうか。

パケット通信料金は定額なので、後変動するのは通話料金で、たくさんしゃべった月は自動的に高くなる、という認識の方が大半だと思います。

では実際にどこにどれだけ電話を何回かけたかという事は全く把握できていないはずです。

他社の携帯電話にかけたのか、固定電話にかけたのか、通話時間は何分で、料金はいくら掛かったのかを把握することで、大きく通話料金を下げる事ができるはずです。




この通話の明細確認はネットで簡単にできるんですよ!もちろん無料で利用することができます。

ドコモの場合はこちらから登録

auの場合

soft bankの場合

実際にご自分が通話した記録を見ることによって、他社携帯であれば無料通話アプリを利用したり、固定電話であれば指定割引対象に登録したりするだけで1カ月に1,000円の通話通信料金のダウンは見込めます。

新しくソフトバンクが発表した音声通話定額プランが4月の21日から始まりますが、現在の通話状況を把握できていたら、新プランにするか、従来のプランのまま利用するかを決める事ができますし、何と言っても家族全員の通信料金をしっかり把握することができれば、1カ月に1万円以上の節約ができる可能性も十分にあります。

MNPを行う前にしっかりと現在の料金の明細を確認しておきましょうね。


 

コメントを残す