携帯やスマホの契約が2年経過したら2年縛りを無くすためにプラン変更を行おう

携帯やスマホを契約してそろそろ2年がたつなーという方、2年縛りが終了して次のスマホは何にしようかなと考えておられると思います。

現在使っているスマホや携帯電話が2年経過して、解約月になったんだけど、いまいち欲しいスマホがない、欲しいスマホの発売が来月だ、もっと待てばキャッシュバックが上がるはずだ、なんてことあると思います。

そんな時、このまま解約しないで現状のままほっておくと自動継続でまた2年縛りが発生してしまいます。

解約はしたくないけど、2年縛りがまた発生してしまうと、自分が欲しいスマホが他社で現れた時に解約金9500円を支払わなければいけなくなってしまうんです。

ということで、2年経過したけどこのまま解約金が掛からないようにするにはどうすればいいのか!!



2年縛りはスマホ本体ではなく、通信基本料金に掛けられているのです。

2年縛りは各キャリアとも通話基本料金の減額などを行っているので、この減額をやめれば2年縛りから解放されるのです。

ドコモで説明すると、FOMAのタイプSSバリューは月額1,957円が基本料金ですが、ひとでも割50を適応させて(2年縛りにして)毎月半額の980円になっているのです。

タイプXiにねんも780円ですが、2年縛りでないタイプXiという1,560円のプランがあるのです。

割り引く代わりに2年間使ってねという事です。

という事はこの半額になるサービスを使わなければ2年縛りは無くなるという事なので、2年経過して解約月に入る方は、この基本料金のプランを変更すれば25か月目からの2年縛りは無くなります。

では2年縛り終了後、いつまでに次の他社キャリアのスマホを購入すれば解約金を支払うより得になるのか!

自動延長してしまった場合2年縛りの解約金が9500円。

解約月に2年縛りを消すためにタイプXiにねんの780円からタイプXiの1,560円に入りなおした場合1カ月780円の支払い増加になりますが、12か月支払っても9,360円です。

という事は25~36カ月目(3年)までに次のスマホに買い替えるなら2年縛りを消す基本料金プランの変更の方が得になるという事です。

解約月が迫っているけど、このまま自動更新でいいやと思っている方、この先1年以内にスマホの他社乗り換えを行おうと思っておられるならプラン変更で2年縛りを無くしておきましょう。

MNPに大切なのは「更新月」をきちんと把握しておく事です!

【機種変更や乗り換え時に!】アップルケアや各通信業者のiPhone保険より絶対にいいのがコレ

機種変更や乗り換え時はお得なスマホモバイル用保険!

家族でまとめて入るとiPhoneだけでなくどの画面割れにも対応!


 

コメントを残す