携帯乞食はこうやって稼ぐ!シュミレーションしておくとこうなります(softbank→au→docomo、残りはオークション)

携帯乞食を実践するためにまずは僕の持っている携帯の状況説明!

ドコモのガラケーを通話専用にと、ソフトバンクのiPhone4Sと合わせて2台持ちです。

2台持ち

本来ならドコモのガラケーを1番に買い替えるべきなんでしょうが、仕事上会社の電話番号の転送に使っているので電波がよい事と、着信時に相手さんに『プププッ』というあのauとsoftbank特有の音が出ないこと(お客さんに転送かけてやがる!とばれないため)が大切なんで今回はソフトバンクのiPhone4Sを使って番号そのままでの買い替え(MNP)を行います!

狙いは本体0円でさらにキャッシュバックがたくさん貰えるauのiPhone5に決定!

4Sユーザーの僕としては5になってLTEが使えるだけでも大きなメリットがありますし、特に最新型の5Sでなくても問題ないという事から5に的を絞りました。

何と言っても本体0円でiPhone5が手に入り、キャッシュバックが貰えるというだけでもうメリットがあるように感じるんですが、携帯乞食はこれだけでは止まりません。

この本体0円のiphone5を後にまたdomocoにMNPするんです。

もちろんこの時もドコモの本体0円のスマホを探して、キャッシュバック付きで乗り換え!今ならGalaxyなんかが他社乗り換えMNPで本体無料で購入できて多額のキャッシュバックがあるはずです。

この多額のキャッシュバックで解約金も全て払えてしまうんです。

ちなみにauの解約金は9975円と解約手数料3000円程度です。本体0円のiPhone5のため残債を支払うという概念は全くありません。

この金額を見ればわかると思うのですが、キャッシュバックの金額だけで全て解約金と手数料が賄えるどころかプラスになるんです。今なら。

さらにこれらで残った一番最初の4SとauのiPhone5をオークションで販売するんです!

だいたいの売値はオークションを確認すれば分かりますが、合わせて5万円程度になりそうです。これが携帯乞食の本質!!

手元には新しいドコモのGalaxy4sが本体0円契約で残り、オークションの売り上げとキャッシュバックでの残った金額すべて合わせると6万円程は利益になるはずです。

新しくスマホを買ったのに得をするとはこういう事なんですね。

普通の人ではスマホを2つの会社をまたいで購入するとは思いつきませんし、2年縛りで解約できないと思いこんでいます。知ってる人だけが得をするんですねー。

こんな事毎月やっていたら携帯電話会社に目を付けられブラックリストに乗り契約できなくなってしまいますが、僕はもちろん初めて行いますし、今後はまた2年後するかどうかなので、全く問題ありません。

これは携帯電話会社に勤める友人の助言です(笑)

さあシュミレーション通り実行できるかはこうご期待!早速行ってきます!

次の記事は関西奈良でauのiPhone5が本体0円でキャッシュバックが多いお店はココだ!


 

コメントを残す