1本あたりの回線にフレッツ光は8ユーザー!eo光は32ユーザー!

最近では、自宅のインターネット回線は光が普通になって来ています、代表的な光ファイバーのインターネットの事業者と言えば、NTTのフレッツや、電気会社のTEPCOやeo光、そして優先のJCOMなどが代表的です。

各社基本的には同じようなサービスを展開していますが、どのように違うのでしょうか?

フレッツ光が安定している理由

よく言われるのが、NTTのフレッツ光は安定していると言われる事があります、しかし実際にeo光やJCOMを利用していてもあまり困る事は少ないと思います。

しかし、フレッツ光が優れている明確な理由があります。




難しい事は割愛しますが、簡単に言うと、フレッツ光は1本の回線に対して8人のユーザーが利用します。

それに対して、eo光は1本の回線に対して32人のユーザーが利用します。

単純に比較すると、フレッツ光の方がeo光に対して、約4倍のスピードが出る計算になります。

極端な話ですが、eo光の場合32人のユーザーが一斉にインターネットを利用したとすると1人で使っていた場合のスピードと比較すると32分の1に落ちてしまいます。

それに対して、フレッツ光は、1本の回線に対して8ユーザーになっているので最大でも8分の1までしかスピードが落ちないと言う事になります。

スピードにそんなにこだわらない方なら気にならないと思いますが、やはり安定してインターネットを利用出来るのはフレッツ光のようです。

実際トラブルの際も、早く駆けつけてくれてトラブルを処理してくれます、このへんはさすがNTTと思えますね!!

しかもフレッツ光は最近になって大幅な値引きを実施し、かなり安くで利用出来るようになっています。

自宅にインターネット回線を引こうと検討されている方はNTTのフレッツ光を検討されてみても良いと思います。




 

コメントを残す